腎臓病の制限食は口コミで人気の宅配食を選ぶのが正しい選択です

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。たとえば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する各種の工夫についてしる事が出来ます。開業医さんで食事指導をうけられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、前向きにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取する量にくらべると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。一度失われてしまった腎臓の機能は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になっ立としても、これまでの透析療法や移植とは別にますます治療法も増加しており、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療をうける事が出来ます。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解する事が出来ます。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。天然の味をおいしく食べる事が出来ます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムがふくまれています。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球をつくるはたらきをしたり、たいへん重要なはたらきを私立ちの体の中で行っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて次第に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)を理解・解決することによって、腎臓の機能が回復する可能性があります。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに回復の見込みが薄くなり、次第に腎臓の機能が失われます。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。腎臓は糸球体という小さな血管が数多く集まっています。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球をつくるホルモンや血圧調整、骨の成長段階に必要なホルモンを作り出すなどのたいへん重要な役目を司っています。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)で先天的なものに起因しないものまで色々ですが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能なのです。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには無自覚なものもあるために、常日頃の健康管理が大切です。たとえば、いつもとはちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。参考:腎臓病 制限食 宅配